強制執行

IMG_2720.jpg離婚が成立し、慰謝料や養育費などの支払いをしなければならない状況になっても、相手方が支払わないという場合があります。

そのような場合は、まずは内容証明郵便などにより相手方に支払うよう催告することが相当ですが、それでも相手方が支払いに応じない場合があります。このような場合は、強制執行の手続きを検討することになります。



強制執行とは、裁判所を通じて相手方の財産を強制的に差し押さえることをいいます。慰謝料や養育費の支払いに関する合意が、家庭裁判所の調停調書や強制執行認諾文言(「支払いを怠ったときは直ちに強制執行を受けても異議ありません」との文言)付きの公正証書に記載されていれば、強制執行を利用することができます。

差押えが可能な財産の主なものは、以下のとおりです。この中では、給与や預貯金が特に有効な対象財産です。

・給与(会社勤務の場合)
・預貯金
・土地、建物などの不動産
・家財道具、自動車など
・会社の売上(自営業の場合)


強制執行にあたっては、相手方の財産を把握していなければなりませんが、その前提として、相手方の財産を調査する必要があります。その調査が容易ではない場合もありますが、弁護士にご相談、ご依頼をいただければ、これまでのノウハウを利用して、必要な調査をさせていただくことが可能です。

 

給与に対する差押えの限度について

相手方の給与に対する差押えには、以下のとおりの限度があります。養育費の場合は、相手方の給与の手取金額の2分の1に相当する金額まで差し押さえることができます。


その他の慰謝料などの分割金の場合は、相手方の給与の手取金額の4分の1に相当する金額(手取金額が44万円を超える場合は、手取金額から33万円を控除した残額)まで差し押さえることができます。

「離婚したけれど、相手方が合意した支払いに応じてくれない。」とお困りの方は、お気軽にご相談ください。取り得る強制執行の手段等について、アドバイスをさせていただきます。


>>ご相談の流れはこちらからどうぞ。
 

離婚とお金に関してはこちらもご覧下さい

●慰謝料について ●不貞行為の相手に対する慰謝料請求 ●財産分与について
●離婚と住宅ローン ●養育費について ●婚姻費用について
●年金分割について ●強制執行 ●離婚と税金


まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.