• HOME
  • ドメスティック・バイオレンス(DV)について

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

裁判離婚2.jpg
ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、夫婦や恋人といった親密な間柄において行われる身体的・精神的・性的な暴力をいいます。典型的には、夫が妻に対して殴る蹴るといった暴行を行う場合が挙げられます。

配偶者から暴力をふるわれた場合、「私が悪いから暴力をふるわれたのだ」とお思いの方が非常に多いです。しかし、日常的に配偶者から暴力や虐待が行われる状況が続くようであれば、それは異常事態といえます。

 
DVの特徴に、夫婦間、恋人間という閉ざされた人間関係内で行われるという点があり、外部からは非常にわかりにくいものです。そのため、犯罪として発覚することも非常に少ないのです。
 
DVでお悩みになっている、もしかしたら自分はDVを受けているのかもしれない、という方は、まずは離婚問題を専門的に扱う弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。
 

DV防止法について

「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(「DV防止法」)は、2001年4月に制定され、同年10月に施行されました。DV防止法は、夫婦間の問題とされてきたDVを暴力であるとした上で、被害者がDV被害から逃れるための制度として「保護命令」を定めています。
 
DV防止法の適用対象は、当初は、配偶者間(内縁を含む)の身体的な暴力に限られていましたが、2004年の改正により、身体的な暴力だけでなく、これに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動も含める、配偶者間(内縁を含む)だけでなく、離婚・内縁解消後に、元配偶者・元内縁の相手方から引き続き受ける暴力も含めるとされ、保護の対象が拡大されています。
 

保護命令について

menkai1.PNG
保護命令とは、配偶者からの身体に対する暴力を受けた被害者が、さらなる身体に対する暴力により、生命身体への重大な危険を受けるおそれが大きいときに、裁判所が、加害者に対して、暴力を受けた被害者またはその子どもの住居や身辺に近づかないように命じたり、一緒に住んでいる住居から退去を求めたりするものです。
 
加害者が保護命令に違反すると、刑事罰を科されることになります。保護命令には以下のとおりの種類があります。

被害者への接近禁止命令

加害者に、6か月間、被害者の身辺につきまとい、または被害者の住居、勤務先など、被害者が通常所在する場所の付近をはいかいすることを禁止する命令です。

 

被害者への電話等の禁止命令

被害者への接近禁止命令の期間中、面会の要求をしたり、連続して電話をかけたりすること等を禁止する命令です。

 

被害者の同居の子への接近禁止命令

被害者への接近禁止命令の期間中、被害者と同居している未成年の子への接近禁止を命じるものです。

 

被害者の親族等への接近禁止命令

被害者への接近禁止命令の期間中、被害者の親族その他の被害者と社会生活において密接な関係を有する者への接近禁止を命じるものです。

 

退去命令

被害者と加害者が同居している場合に、加害者に対し、2か月間、被害者と一緒に生活をしている住居から退去すること及びその住居の付近をはいかいしてはならないことを命じるものです。
 
保護命令を利用する必要がある場合は、手続きを迅速に進めることができるように、お早めに専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

IMG_2639.jpg
DVの被害を受けている方が自ら保護命令の手続きをとるとともに、離婚に向けての手続きをとることは、非常に難しい場合が多いです。そのような場合、当事務所では、被害者の方からご依頼を受け、代理人として必要な対応をさせていただきます。

 

DV被害の解決事例

当事務所で取り扱ったDV被害の解決事例をご紹介させて頂きます。

>>>DV被害の解決事例はこちら

当事務所の解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

離婚問題解決事例.jpg 離婚問題の解決事例
fd.png 親権問題の解決事例





面会交流問題.jpg 面会交流問題の解決事例
養育費問題.png 養育費問題の解決事例





財産分与問題.jpg 財産分与問題の解決事例
慰謝料問題.jpg 慰謝料問題の解決事例





DV問題.png DV被害の解決事例
モラハラ問題.png モラハラ被害の解決事例






まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.