監護権について

監護権とは

Q&A10.jpg


監護権とは、子どもの養育監護、すなわち、子どもの身のまわりの世話、しつけ、教育などをする権利のことをいいます。親権には、監護権が含まれますが、親権のうちの監護権のみを有する者が監護権者ということになります。
 
離婚の場合、親権を持ったから、当然に子どもを養育することができると勘違いされている方もいらっしゃいますが、監護権を持っていれば、子どもの成長をそばで見守ることも可能なのです。

離婚において、多くの場合、親権者が子どもを監護しますが、必要があれば、親権者と監護権者を別に定めることも可能です。例えば、親権者を父親とし、監護権者を母親とするのです。

この場合、子どもは父親の戸籍に残り、実際に引き取り子どもの面倒をみるのは母親ということになります。離婚届には監護権者が誰かを記載しないので、裁判所の手続きを必要とせずにこのような話がまとまる場合には、この約束を書面に残しておくべきです。

また、監護権者は、両親以外の第三者にすることも可能です。例えば、両親が子どもと一緒に生活をするのが難しいという場合、第三者である祖父母や、児童福祉施設を監護権者とすることもできます。

親権者と監護権者を別に定めることが考えられる場合としては、親権をめぐる争いが激しいときに、円満に解決するために、一方を親権者とし、他方を監護権者とする場合や、父親が親権者と決まったものの、子どもが幼く、母親による養育が必要なときに、母親を監護権者とする場合等が挙げられます。

親権と監護権が分離することについては、否定的な意見もありますが、離婚後も、それぞれの親が子どもについての権利を有して、子どもに関わることで、婚姻中と同様に、子どもの共同監護ができ、子どもの成長にとって良い影響を及ぼす場合もあるものと考えられます。

離婚調停3.jpg

具体的なケースにおいて、監護権者を定めるべきかどうかについては、様々な要素を考慮して判断する必要がありますので、当事務所にご相談いただければと思います。
 

監護権者を決める時期・方法

親権者を決める場合と異なり、監護権者は離婚と同時に決めなければならないものではありません。離婚成立後に監護権者を決めることも可能であり、父母が協議で監護権者を決めることができない場合は、家庭裁判所に「子どもの監護権者の指定」の調停の申立てをすることになります。調停での話し合いがまとまらない場合は、調停不成立となり、審判に移行し、裁判所が判断をすることになります。

離婚と子どもに関してはこちらもご覧下さい

●親権者 ●監護権について ●面会交流
●面会交流を拒否された場合の対応 ●親権者・監護権者の変更等 ●子どもの引渡し

まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.